« 長い一日 | トップページ | 脱メタボ作戦 »

介護力

認知症を正しく理解する講演会があり少しでも参考にさせてもらいたく市役所まで足を運んできた
川崎幸クリニック院長の杉山先生は認知症の人と家族の会副理事として尽力を注がれている

話は大変分かりやすくて家族の切実な悩みを例にあげながらの詳細な対処法や解決法など現場人として説得力あり大変参考になりました

もぅ~どーして?何度も何度も・・・またか!という苛立ちも
認知症問題が発生しているのだからと捉えて惑わされない様にしなくてはいけないと最近は少し進歩はしてきた

本人が困っている事、訴えたいことが電話してこられて私に伝えられているのだから良し!とも思えるようにはなってきた

まぁ、母の気持ちになれば心配事なのだろうな、というのも理解はできるけれど正常な部分と認知症としての部分とが混在する状況に惑わされて、ついついキツイ言葉を放ってしまう現状

この間は4年前に亡くなっている妹が泊りに行ってお世話になっているわねぇ~と、いつまでお姉ちゃんの
所に居るつもりなんだろう~いい加減に帰ってくるように言ってという電話がくる
そんなズレている話を好い気になって合わせていたら
余計に認知症が進んでしまうんじゃなかろうか?という疑問も先生の大丈夫です!の言葉に安心した
こちらが上手に演技すれば、本人も混乱なく落ち着くという事

考えればなんてことない上手に、その場、その場でウソをついて誤魔化してあげてやり過ごせば良いだけの事なんだけど・・・な

母への説得も何の意味もない堂々巡りは、こちら側が疲弊するだけ無駄
そうは言っても分かっているけれど現実問題として割り切れない部分がまだまだあり

目の前で聞いた杉山先生の仰ることは生きた言葉として私の心に浸透した


介護する側として少しでもステップしたい 
出来るだけ上手に対処していきたいと今はフレッシュな気分になっている


会議室いっぱい180名の受講者でした 帰り際に保存食を頂いて帰ってきました

Kimg2256

« 長い一日 | トップページ | 脱メタボ作戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

良いお話が聞けて良かったね。

分かっている所と、認知の所の使い分けをこちらも出来るとと良いんだけど、その辺りは現実
に目の前に来ると、イラつくし、怒ったりしてしまうよね。
良く、グランマも姉に当たる伯母が生きているかのように話をして電話したがった。
もうとっくに亡くなったし、お葬式にも行ったたよと言っても言い張って娘に電話したりして何とか
納得させたことが懐かしいです。
思い返せば、必ず電話しておくよと言ってなだめたら良かった。
真っ直ぐ受け止めてあげないといけないと思い込んでいたのかもしれない。
なだめると言うのは騙すと思ったのかも。
本人はすぐ忘れるんだから、だましたんじゃないとこちらが覚悟すれば良いんだろうね。
でも、それは理想で、今までと同じように接しようと思うとまともに話をしてしまう。
現実から離れると気が付く事って有る物だわ。

気長に千春ちゃんの気持ちにそう介護でいて下さい。

山百合さん

仰る通りでコチラも使い分け切り替えがスムーズに出来たらいいんですけれどね~なかなか。。
傍で言われるよりも電話攻撃は倍の威力あるんですもんo(#゚Д゚)_‐=o)`Д゚)・;

母は以前の自分と全く変わっていないと思っている、むしろ娘の方が凄いオバサン化進んで
アンタは昔は大人しかったのに変わったね~~と言われちゃうsweat01
イライラさせるのはアンタのせいだよ!って言ったって鼻で笑われ・・・現実離れしてしまった人に
いくら説いても無駄なんですがね。

そうそう、マトモに話をしてしまうんですよね~~その場その場の会話も相談も立派な答えが出せる人だし。。

しかし徐々に私も諦めの境地になりつつある、憤る度合が少しずつ弱くなってきているか??

まぁ~~介護する側の心の段階というのもあるようなので自分がどのように介護できるか良く分からないけれど
私自身の心身の正常化を図りながらやるしかないですね!
また話を聞いてくださいね♪

介護って 先が見えないから、携わってる人は大変だと思います。

私の様に呑気に過ごしてる者には、到底理解できないでしょうね。
表向きだけ解ったふりしても、とてもかないませんよね。

経験者とか、いろんな人のお話を聞くって、とても気持ちが楽になるんでしょうね。

千春ちゃんん話を聞いていて、子育てと同じ気がした。
昔娘を怒りだして・・感情だけで怒ってしまったことを
今更ながら反省です。。

でも千春さんはとても上手に気持ちを発散してる気がするよ・・。

milkさん

何でもそうだけれど当事者じゃないと・・・というのはそうですよね。
かと言って認知症家族会というのがあるんですが改まって入ってまでという気も無いし

道端で立ち話程度に同じような介護している人と出くわして話して、と言う感じで適度に
参考になる話を聞いたりして気を取り直して、という具合です。

身体のどこかが悪くてとか痛くてというのは理解してあげられるんだけれど頭の中の異常と言うか、
こういうのって理解してあげる前に苛立ちがきてしまう。特に身内はシンドイですね~でも夫が認知症になったら
もっともっと悲劇で大変困るな~~と、まだ母で良かったと思います。

子育ての経験ないから、それこそ分からないんですが叱るというより完全に怒っているママが居ますね。
介護は合わせ鏡と言われますが子育ても同じでしょうね~~despair

子供の頃に母に言われた事を時が流れて今度は私が母に言ったりしているんですよね~それも同じような雰囲気で端的にサバサバと母と物の言い方が似ていて嫌になりますわ~血は争えないんですねって感じcoldsweats02

千春ちゃんの記事を読んでいると、介護って本当に奥が深いんだなぁ~って思います。

痴呆症もその人その人で、症状も色んな出方をするのでしょうから・・・
その人に合わせた対処の仕方も千差万別なんでしょうね~

>正常な部分と認知症としての部分とが混在する状況に惑わされて・・・
それが一番対処しずらいでしょうね~
ましてや本人はづっと自分は正常と思っているのでしょうから~

だんだん子供にかえるって言いますもんね~

それにしても樹木希林さんは、見事にご自分の人生を全うされましたよね。
全身ガンにおかされながらも、ボケもせず、4ケ月前にはフランスに渡り是枝監督達とカンヌ映画祭で授賞式に参加されたばかりですもんね!

カラッチさん

介護っていうもの本当に人間と人間のぶつかり合いというか、日々が同じじゃないというか?
病気の人とか認知症も、その日によって状態が違うというか、その時々でいう事がどんどん違うし
こちら側も混乱させられてしまうんですよね~:;(∩´﹏`∩);:

その方の性格もあるしね、一概に教科書通りとはいかないもんですよね~家族が一番理解してあげなくちゃいけないんですけれどねぇ。以前の母との親子付き合いは仮だったのか・・・夢という感じで。
でも、まだまだ母はトイレも自分で行けるしお風呂も入れるし良しですね。

樹木希林さんもね、ガンに侵されての10年、覚悟の10年とっても素敵だったと思います。
内田裕也さんとは別居生活で、不思議な夫婦愛で、そういうのもあり!なんだなって。

最後まで女優であり続けましたね、立派な方でしたねconfident

最後の最後まで認知症にもならずに足を引きずっても不便になっても
今の生活ができていられたら自立した老後を送りたいもんですよね~健康寿命を願いたいですね!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1290741/74232527

この記事へのトラックバック一覧です: 介護力:

« 長い一日 | トップページ | 脱メタボ作戦 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪