« 奈良 (2) | トップページ | 研修 »

奈良(3)

いよいよ最終日
楽しいことはあっと言う間のはずですが感覚的に一週間近く流浪しているような長いようにも感じる
それだけ色々な情報が短期間に脳に集約されたということなんでしょうかね?

私の非常に困るところは枕が変わると眠れない!である
毎回、そう、旅先で寝不足というか殆ど眠れない 昨夜もあんなに階段上ったり疲れているはずなのに
たった3時間ほど眠ったかどうかという具合だけれどネアカな性格なもんで

時折、面白おかしく無責任な合いの手を入れるとかメンバー間の潤滑油的な役割を担ってる?
バックコーラス的な場の雰囲気を盛り上げるのは得意かも!?

寝てないというのはシンドイけれど元来お気楽な性格なので好きな被写体探しながらアナタ任せで後ろから付いていきます


ホテルの朝バイキングもしっかり時間をかけて昼飯の分まで充分にいただきました
ではでは、斑鳩の里まで、よーいとさ♪どっこいさ♪

Pict0018

  

Pict0001 Pict0002

JR奈良駅から法隆寺駅までは3駅
ここからバスです
コミュニティーバスがいました 料金100円ですから、こちらを利用したいところですが法隆寺とは別ルートらしく
ま、今は全国共通のパスカードがありますので金額さえ入れておけばね、PASMOを使います

Pict0004

バスを降りると目の前に法隆寺 そして国宝の南大門
そちらに身構えるはどなたか?
近寄ってきて観光ボランティアの者ですが
お時間の許す限り無料でご案内させていただきますが、いかがでしょうか?と仰る

それは有り難いですね~嬉しいじゃないですか!ぜひお願いいたしましょう

Pict0005 Pict0006

南大門を入ってすぐ左に中門 
平らな屋根に土を乗せて植物を植えていたらしい 大変珍しい土上門

素敵な発想ですね、その昔、どういう植物が生えていたのでしょうね~

Pict0011 Pict0012

Pict0013


法隆寺は瓦の博物館ともいわれているそうで動物だったり果物だったり日光の反射にもメゲズニそんなところも観察すると楽しめた・・・けど熱中症にならないかと思うほどの熱射にクラクラしそうだった
水分補給しながらガイドさんの熱弁を聞く
新聞のスクラップした資料もみせてくれて熱心に色々と説明してくださるけれど、なんせ歴史に疎い私・・たち?

Pict0007


え~~では質問しますと度々・・・そのたび一同・・・・・。
法隆寺は誰が建てたでしょうか?
ドキっ!である 
聖徳太子?でしたっけ??え?   推古15年(607年)推古天皇と聖徳太子によって建立されたんですね

Pict0014_2 

こちらの五重塔 日本に現存している最古のもので釈迦の遺骨を納めるためのものなんですって
五重塔というものは偉人のお墓で塔ににして遠くからも分かるように手を合わせられるようにということで、このような形になっているそうである

Pict0022

1993年 日本で初めて世界遺産に登録された法隆寺です
世界最古の木造建築物が群を成しています

何と言ったらいいのかわからなけれど簡素美というか飾り気のない気品が漂う
飛鳥時代の姿を現在に伝えてくれる感動が沸き上がってきます

Pict0023

金堂の龍 軒を支える4周の柱に龍の彫刻
昇り龍と降り龍があるらしいけれど、こちらはどちらか?
後付けで耐震のために江戸時代につけられということのようです


Pict0024

Pict0021 Pict0019


暫し日陰の説明どころ廻廊 外廊下です

Pict0025

廻廊 梁が少し湾曲の造りは当時の大工さんたちの洒落心だそうで職人の意気込みが伝わります
柱はエンタシス 真ん中が太い工法 飛鳥時代の建築様式


法隆寺といえば 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」 の句しか浮かんでこなかった私である

現存最古といわれる飛鳥・天平時代にさかのぼる 素晴らしい文化財の宝庫であるなぁ 
約1400年もの壮大な歴史を垣間見ることができ、とても荘厳な気持ちになりました


素晴らしい文化財や先人たちが残してくれた気持ちに少しでも触れることができたかな
感動の奈良でした

帰りの新幹線に乗る前に外せぬお約束の甘味処へ  
〆は京都 都路里の抹茶パフェをいただきました

楽しく学ばせて貰った有意義な旅でした
Pict0027 Kimg1498

   

 


« 奈良 (2) | トップページ | 研修 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

奈良でしたか?
3日間読ませていただきました。

奈良はもう50年前に行ったっきりです・(笑)

歴史ある町は、それだけで高貴な香りがしそうですね。

仲間と楽しく過ごせたら、何倍も得しちゃいましたね。

朝食のバイキング、私も大好き!
感動しちゃう・・( *´艸`)

時間を忘れて食べるのも納得!

由緒ある所は、ガイドさんに伺うのが一番ですよね。。
目から鱗じゃないけど、知らない事がたくさん聞けて、嬉しいですよね。

でも、質問されると困っちゃうけど。。

京都に行った時も、バスで行動で、アチコチと結構大変だったけど、
奈良は電車で移動したりして、広域なんですね。。
予定を立てたりするのも、楽しい反面大変だった事でしょうね・。
リーダー的な人もいてくれるようで、心強いけど。。

千春さんも寝れないんですね。
私も・・・。寝れないのは辛いですよね
疲れてるのに、どうして寝れないのか・・
山は特につらいです・・。

楽しい時間を過ごしてきて、また次も「行こうよ」って事にならなかった?
また目標に向けてファイトですね。

3日間しっかり見せて貰いました。
奈良は中々行けないし、もう何年も前に行ったきりだわ。
その時は随分歩いたと言う記憶しかないし、室生寺は行って見たいと思っている所なのです。

楽しいお仲間と一緒だと時間の過ぎるのも忘れるでしょう。
朝のバイキングで堪能しすぎて遅れるのはあるあるだよね。

ガイドさんが付くと、知らない事や、見逃すところをちゃんと押さえて呉れるから良いんだわ。
そう言うガイドさんに会えると言うのはラッキーだったでしょう。

枕が変わると寝られないと言うのは辛いね。
慣れる物でもないし、何とかなると良いんだけど。
私は飲んだ事無いけど、睡眠導入剤は使った事有るのかしら。
前に、カツトンさんは山では飲んでいると書いて有った。
夫々苦労している事なんだよね。

milkさん

拙い旅記録でお恥ずかしいですが。。

奈良は50年前、やはり?はるか彼方・・私もそんな感じで。

まさに高貴な香りですね、法隆寺なんてボランティアの方、大勢登録されているみたい。
斑鳩の市民の取り組みは熱いものを感じますね~世界遺産ですもんね!

こんな親切なガイドさんが付いてくれるのなら色々と予習でもしておくべきだったと後から思いましたけれど
無料で説明してくださるというのは嬉しい、でも最後にほんの気持ち心付けしましたけれどね。
女性同士、何がイイって食べる時の同調性が心地良いのなんのってね、ホテルの朝バイキングあまり期待していなかったので余計に気分食べまくりです

ふふっ、このリーダー役さんが時間に厳しい怖い怖い(笑)
3人がのんびりしているので先へ先へと気を回して、スマホと睨めっこしてはスムーズに事が運ぶようにしてくれた。ま、こういう人が居てくれて遠回りせずに歩けた感ありですけど

milkさんも眠れないたちなんですね~~そーなんですね
登山では本当に寝不足は堪えますね、縦走などとなれば余計に気を張って頑張らねばなりませんものね。

何とかならないんでしょうかね~~何泊もするのはキツクナル・・海外なんていけそうにないわ

会ったときに次に行く日時と場所を決めないとなかなか集まらないんですよね~ご近所さん同士なので
いつでも気軽に会えるという気持ちがあるんでしょうかね?
それで来月は日帰り散策を決めちゃいました!!

山百合さん

しっかりと恐縮です

室生寺は良かったですわ~~本堂の素敵な佇まいといい仏像の配置もコジンマリと重厚な空気感でいちばん落ち着いて拝顔できました。お勧めです。

奈良は適当に離れているので綿密に計画を立てないと移動時間を取られてしてしまう難もあるけれど、そのぶん人も散らばっているのか?京都より落ち着いていいですね。

有名寺院を少し外れるだけで全く人が居なくなるという東大寺は凄い人人だったのに裏手の二月堂、三月堂はゆっくり見ることが出来ました~三月堂なんて仏像の前に座禅用の畳の台があったんですが、そこに座ってイイ時間が取れましたもんね~あの時間の心地よさは生涯忘れないという感じです。

しっかり朝たべたお陰でお腹の持ちがよく夕方まで食事時間は取らなかった~そのぶん効率よく楽しめて出だし遅れも取り戻せた感です~(笑)

以前ココのガイド説明受けた仲間のいう事には法隆寺ガイドさんも人が違うと観点も違い二度目だけれど面白いって言ってました。
街の財宝を精一杯に伝道していこうという姿勢プライドみたいなものも感じられて素敵だな~って思いました。

睡眠導入剤、私も考えますけれど仲間たちが次回は寝る前にお酒を飲んでみよう~って提案してくれましたが
なんせね~~飲めないのでアルコール入れる事、反って動悸息切れしそうで??それも考えるだけでドキドキするし(*≧m≦*)


法隆寺……夢の中。
わたしが行った時はひっそりしていた記憶があります。おそらく、混んでいたことを忘れてしまったのでしょう。
そして百済観音の思い出、一人で30分も見続けました。今まで見てきた定型的な像に比べて、なんと伸びやかな自由な姿であったことか。
そしてとなりの中尊寺の如意輪観音。手の表情が素敵でした。
旅行記にないけど、見ませんでしたか。
わたしも、もう一度行って見たいと思っています。

たくせんさん

時間が無くて・・・百済観音像は案内していただき説明がありましたが。
わかりますわ、30分眺めているって、そのくらい引き込まれますね♪
そのころには気が急いて案内人の方も私たちも。。
なんせねぇ、帰りの新幹線の時間を逆算してかいつまんでの案内をしていただきました。

もっと拝見したかったですね、法隆寺ゆっくり一日欲しかったですぅ
奈良は良いですね、私もまた行きたいところです。
自分のペースで気の向くままに心行くまで、かといって一人旅というのも・・・。

千春ちゃ~ん、遅くなっちゃったって言うか拝見していたけどコメント書けてなくてごっめんね~

ぷくぷく会の皆さんと奈良に行って来たのね~~
気心の知れた仲間との旅行ほど楽しい物はありませんよね。
千春ちゃんも奈良は中学の修学旅行以来でしたか~
我々の時代は、中学校の修学旅行と言えば奈良・京都方面でしたよね!
カラッチもご多分に漏れず、60年前のことですぅ~(;´Д`A ```

興福寺の五重塔、東大寺の大仏様・・・ 
>大仏様の鼻の穴と同じ大きさの筒をスルリと上手く通りすごす異国の方
へぇ~ 大きな柱にそんな穴開いていたっけ!
カラッチなぞが潜ろうものなら、お腹でつかえて出るに出られずでしょうね~(笑)
奈良国立博物館へも立ち寄ったんだね。

ふふっ、二日目の朝のバイキング・・・ゆっくり一杯食べて出発時間となっちゃったのね~
それにしても今回の幹事さん、しっかり時間設定して頼もしい限りですね。
室生寺・長谷寺、とっても良かったでしょ~
こちらはカラッチ達、山の会で歩きましたよ~ とても素晴らしくまた行きたい場所で~す!
奥の院まで700段の石段・・・歩いた歩いた、けど本当に素敵なお寺で疲れも忘れるほどでした。

民家の玄関先の「わらしべ長者」の昔話、これなかなか良いね。。

長谷寺へのあの長い階段も登りましたよ!
草して登った先からの眺めの素晴らしかったこと、昨日のように思い出しました。
丁度桜の時期で、樹齢100年を超えるしだれ桜が咲き乱れそれはそれは見事でした。
登った先の本堂からの眺めは、一幅の絵巻のようでしたよ!
ごっめん、自分の時のことばかり書いちゃって~

三日目は法隆寺だったのね~
ふふっ、三日目の朝もバイキング、昼食分までちゃっかり頂いちゃったのね~ カラッチも同じだよ~

観光ボランティアさんのお陰で隈なく見れて舞われて良かったですね。
本当にコウシタボランティアガイドさん、大助かりですよね。
>五重塔というものは偉人のお墓で塔ににして遠くからも分かるように手を合わせられるように・・・
なるほど~ 五重塔はそう言うことで建てられているのですね。 勉強になりました。
しかしながら、ガイドさんからの質問にはドキドキしちゃいますね~

三日間ゆっくり歴史に触れる良い旅でしたね。
そうそう枕が変わると寝れないって辛いですね~ 山仲間にも睡眠導入剤飲んでる人多いですよ。
カラッチなんて、一番の得意技が何処でも寝れるですぅ~(汗)

シジュウカラさん

順序良く律儀なコメント頂戴いたしまして恐縮です モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

はぁ。。勝ったには勝ったけれど広島カープ打線も強力でしぶとくて大変ヒヤヒヤものですぅ(´Д`;≡;´Д`)
毎夜、こんな調子で面白いんですが一喜一憂し過ぎて疲れます

あ、本題に戻して、そうそう~奈良の余韻は凄く心地よく続いています。
カラッチさんは桜の時期に長谷寺にも参ったのですね~それはそれは、あのご立派な枝垂桜をご覧になったのね!素晴らしいでしょうね~~花のお寺ということですから春の時期は特に味わい深くて良かったでしょうね(^^♪

門前町は、どこも雰囲気ありますけれどね~わらしべ長者の昔話の暖簾というのも素敵なおもてなしといった感じで癒されました~。

奈良はまた行きたいな~歴史に触れる旅というのはイイですね。
仏像も良いけれど歴史的建造物に興味が湧きます。
またじっくり拝見できたらいいな~と思っています

美味しいごちそうも女子旅には必須条件で最終日の夜は、これも素敵なおもてなし寿司屋さんへ格安で堪能させていただき全員満足したり良いご縁をいただいた心に残る奈良旅でしたよ。

拙い旅記録にお付き合いくださってありがとうございました!!


奈良の室生寺や長谷寺は、私も好きです。

三日間の旅、私も、たっぷりと楽しませて頂きました。

いつものメンバー、お会いしたことはないのに、なんだか知人のような気持ちになってしまう(笑)

それぞれの性格に合う、それぞれの過ごし方ができるメンバーが、旅の相棒には一番ですね。


奈良は、独特の、そこにいるだけで長い時間を感じさせてくれるような気配が、いいよね。
じっくり、旅したいなあ~~と、千春ちゃんの旅日記を読みながら、改めて感じました(^◇^)


ありがとう~~。

奈良の都は遠い記憶です。何せ中学の修学旅行ですもの。
鹿煎餅を食べさせている光景や、奈良の大仏のど迫力。
法隆寺くらいしか思い出せないほど・・・

いつものメンバーと、仲良く旅行できるってしあわせですね~
女同士、話も弾むものね^^
そういったこと、遠い昔になってしまいました。

枕が代わると眠れないのは、私もなのよ。
Qは、いつも睡眠導入剤を医者から処方されて飲んでいます。
山へ行く時は、私も貰って飲んでるけど、その他はなるべく飲まないようにしています。
お酒は、興奮するのであまり薦められないと医者が言っていましたよ。
今、問題視されている「睡眠負債」気になります。

ぴとこちゃん

奈良は格調高いという印象があるし
奈良公園付近を離れると観光客が散らばっているぶん、ゆっくりできるのかな。

女性って基本的に面倒をみてくれたり気を遣ってくれるものですね。
かゆいところに手が届く的な対応を自然としてくれる私は基本的に気が回らなくてスンマセン。。って
何処へ行っても好き勝手に半端な写真撮ることに集中・・・気後れ感あり

ま、みんな、そんなのも重々承知してくれているんですがね。。少々気兼ねではあるのよ。

だからといってカメラ相棒に一人旅も出来ないなーーー

ん~~心行くまで、じっくり旅、憧れますね♪

ありがとう。。だなんて照れます(*^ー゚)b

あずささん

ほんとにね、奈良は中学の修学旅行での薄っすらとした記憶しかなく。。
大人になって改めて行って実に心に沁みる奈良の旅になりました~良かったです。
重要文化財、国宝の数々、静かな寺院での一時を過ごせ旅情というものを感じさせてもらえた奈良でしたよ。

女子旅っ、共通事項が食い気だし!みんなめっちゃ甘いもの好きで
ダラダラお土産物見るの好きだしね~一か所に留まっているの長いしね~(笑)

眠れないって非常に辛いですね。あずささんご夫妻共にそうなの?

家だと安心して寝てるんだけれどな~~?
睡眠導入剤もね、何となく飲みたくないわよね~かと言ってアルコールもダメでしょ?
全然飲めない人間だからね、たぶん逆効果になりそうで怖いよね?

みんなの気配があるとダメなのかも?寝息とか聞いていると余計焦って眠れないのかな~とも?
今度ホテル私だけ個室に泊まってみようかな?とか色々と考えちゃう。

睡眠負債、そうですね~将来認知症になる原因とか?
母なんて実際そうかもと思っているのですが・・・少しの睡眠障害、積もり積もって怖い話ですね


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良(3):

« 奈良 (2) | トップページ | 研修 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪