« まどろむ | トップページ | お楽しみ »

普通

BS放映された【たそがれ清兵衛】を観た
下級武士を真田広之が、上手く演じていたなぁ
腕っぷしは強いのだけれど 至極、普通に目立たず平和を重んじるサムライ

富田流の小太刀で激闘シーンが圧巻

たそがれ清兵衛、なかなかイイじゃない
最近、居合いというものにも興味が湧く
そう、あの納刀の場面が凄く丁寧に映し出されていたように思って興味を持った、刀を鞘に納める、あの瞬間というか、あの間に意味があるのだろうな~

スタッフの殺陣日誌を開いてみた
観終わった直後だから その場、その場のワンシーンが鮮烈に蘇えって楽しく解読
絡みの様子なども手に取るように撮影現場の臨場感が伝わってきて面白い

清兵衛が最後に納刀の形は『鬼子母神』母が子を慈しむ形から、倒した敵を慈しむ意味がある。

という行を見つけた
そうね、、あの鞘に刀を納める瞬間って、やはりサムライの慈悲の想いが込められているのよね


礼節を重んじて普通に生きるって素敵だな♪

« まどろむ | トップページ | お楽しみ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの極貧侍の話ですか。
武士の世の矛盾を現していますね。
決闘の相手が、酒を勧めながら相手(主人公)の欠点を探るあたり、これぞ武士と思いましたね。
このような貧しい家でも、家来を抱えねばならない武士社会の不思議。
見てからかなりたちましたが、鮮やかに思い出します。
そして女は強い。まるで千春さん(^。^))。

<たくせんさん>

>このような貧しい家でも、家来を抱えねばならない武士社会の不思議。

本当に、そう思いますね。
あの三文足りない家来というのも何とも言いようのない哀愁・・・。

決闘のシーンはなかなか素晴らしいものでしたね。
相当、演出にも凝ったようでしたし、出演者同士の息の合い方は素晴らしいものでしたね、殺し合う場面ですが感動しました。

え?ワタクシ、か弱いお姫様、いいえ奥方で居たいんですけれどね、、憧れ。
ドンと来い!的な?ケセラセラな長屋のおっかっちゃんで・・(=´Д`=)ゞ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通:

« まどろむ | トップページ | お楽しみ »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪