« にっこり | トップページ | 水浸し »

湯船山

隊長に誘われました
なぁに?アップダウンも少なくて一時間くらいで登れる山だって?
自分が行きたい山へ行けば?
ん~~私どっちでもいいけど、どうしよう・・・
このところ過密スケジュールで体が少々、お疲れモードです
でも気分転換に行ってみるか!!
ん~~行きたいような行きたくないような何となく煮え切らない気分
富士山も間近で暫らく眺めて無いし、活力を貰いに行って見よう~~~かな?
リュックも要らないよ、散歩みたいな山だからって言います
そう?ホントだね?
だったら行く カメラを首から提げてペットボトルも吊るしてお気楽な気分で出かけました

Pict0023

隊長、お気に入りの尾崎豊のCDを聴きながらご機嫌
山中湖に向かって走ります

途中パノラマ台に立ち寄り富士山を仰ぎます
1


まもなく登山口だって車を止めて歩き出します
冬枯れの草原って感じ
なだらかに登っていきます
Pict0022


隊長はガシガシ・・・・ガシガシ・・・・健脚です
直ぐに姿は見えなくなります

全然、歩く歩調が違うんですね~~
ま、いいんですけれど~~ね

Pict0020


登山靴の重みを感じながら静かに静かに・・・・じっくりと
一歩、一歩踏みしめて歩くのが好きです

たまに振り返ってため息・・・富士♪

Pict0021

とにかくガシガシひたすら頂上目指してという路線からは外れてしまった隊員です
のんびりペースで登ります

しかし到着したら間違っていた~~ですって!
せっせと登った道を下ります

今のはウォーミングアップと言う事で、ま、いいです
正規の登り口がありました 車で2、3分でした

さぁ~気持ち改めてゴー!!
でもね、こんな身軽な、ちっちゃなペットボトルで・・・リュックも背負わずに完全に山をナメテます
大丈夫かな?って思った
Pict0049

ん~~不安、いやだね、何てこと無い一時間とか言って嘘ばかり・・・お散歩コースじゃないっ!
Pict0034

それに紅葉の良い時期は超健脚コースばかり群馬、山梨、長野とか好き放題歩いて私には、こんな冬枯れの寂しい山歩きばかりじゃん!なんだよ!
怒りたいのに隊長の姿は無し・・・・だ

乾燥した落ち葉の上をカサカサ音をさせながら捨て身で歩く(笑)
Pict0030

ああ~追いついた~と思いきや出発する隊長
隊員は結局、休みなく歩くんです
なんだか面白く無いでしょ、今日は鼻歌も出ませんから。。
頂上直下は急登り、これは鉄則ですね~山はこうです、当たり前だのクラッカー ふふん!
どっこいしょ~~湯船山頂上到着♪
Pict0040


隊長、約束違反です
湯船山までと言っておきながら、この先まで歩くとガシガシ行ってしまいました
好きにすればいいですね
しまったぁ~お腹が空いているのに食糧は隊長のリュックの中です
やはり、装備はキチンとするべきでした・・・反省。。

向こう側は丹沢山塊です
やせ尾根を、ひとり のんびり歩きます 誰にも合わない静かな山です
Pict0045


このコース、なかなか楽しい手書きのプレートが所々にあり目を楽しませてくれました

Pict0035


Pict0032


Pict0037


Pict0039


箱根の山々も眺めて一息つきました

Pict0068


お天気も良くて穏やかでいい汗掻きました

でもね、とても程よいとは言えぬ距離感、ほとんど単独状態で誰も居ない山歩きは寂しくて心底楽しめない
もう~だまされないゾ!って思いながら車道に出くわしてホッとする隊員でした

渋い山が好きで人が滅多に登らない山ばかりを好む隊長
私はこう見えて結構、怖がり 人と適当に出会える山を歩きたい

Pict0051

« にっこり | トップページ | 水浸し »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

ここ、登った事が有る。
そんなに苦しい山では無いと思っていたのに、結構な道でした。
最後の不老山には時間切れで、結局辿りつけなかったけどね
最初に間違えて、何故か下っていたのが原因です。

隊長の言葉は、自分にとってはと言う事よね

でも、気持ちの良い所だったでしょう。
ハコネサンショウバラが綺麗な山らしいよ。

今までお二人で出発しても、千晴さんのペースはノンビリ写真を撮りながらだったから、その方が楽しいのかな?と思っていたけど
>ほとんど単独状態で誰も居ない山歩きは寂しくて心底楽しめない
・・・これが本音@@?
それならちょっとホッとしたわ、普通はそうだよね(笑)
でも富士山をバックに歩くってステキじゃない?
間違っていなければサイコウだったのにね^0^


<山百合子さん>

明神峠から不老山までアタックしたんですね、でも道を間違えたって分かる気がします。以前は道標も無い場所だったと何かに記されていましたよ。今回も赤いマーキングされている分かれ道などありました。
帰りは隊長が一緒だったから間違わなかったけれど私一人だったら、はて?どっちだったか?と、迷うような感じもありました。

10年くらい昔になるかな?
不老山に登って途中、世附峠?に出た時に山中湖の方へ抜ける道があるんだって隊長が言っていましたのを覚えています。え~~丹沢からね~~って、そのころ思っていましたが6キロくらいの距離のようですね。

ハコネサンショウバラ、山でひっそりと小さな花のようなイメージですねぇ

あ、そうなんですね、考えれば毎週ガンガン登山している人間ですからね、隊長の散歩と私の散歩の感覚は大幅に違いがあるんですね何でも自分中心に考えていけませんでした~~山を歩きながら、そう思ったのです


<PIEちゃん>

私は頂上は目指さなくても楽しめれば途中で下山するのも全然オッケー♪写真など撮りながらゆっくり踏みしめて登りたいんですね。
歩くペースが違うとお互いに疲れるし別にマイペースで楽しめればいいんです~一人でもOK!なんですけれど時たまハイカーとすれ違うというのは安心できるんですけれど余りにも誰も居ない山は異次元の空間でして気味が悪い・・・そう感じちゃうと、もう~駄目ですね(´Д`;≡;´Д`)

最初に間違えてしまった鉄砲木の頭という山、とても短時間で登れて観光気分で手軽な山なんです~富士山が素敵な眺めで、わたし的には、この場所でマッタリ眺めながら暫らくのんびりしていたかったんですけれどね~

わたしはこの山は登ったことはありませんが、落ち葉の多いこういう道は好きですよ。
落ち葉の下が凍っていて滑ったこともあります。
それはともかく、歩くには気持ちの良い道ですよね。
隊長さんには、「置いていくなら一人で行け」と言いましょうか(^。^)。
千春さんが書くと楽しい山歩きになりますね。

<たくせんさん>

落ち葉が凄い、とにかく歩きにくいほど積もる箇所もありましたよ。
これだけの量、紅葉の時はさぞかしキレイだったかと思われますね。
良いタイミングをずらして葉の無い時期に・・・とほほです
でも冬晴れで風もなくて良い日和でしたので富士もばっちりでしたしね~~ま、いいかな。。
だいたい隊長は登山記録書きながら歩くので自分のペースをきっちり記しておきたいので人のペースでは歩けないのですね~解りますのでぇ、いいんですけれどぉ、私だって山は好きですから、でもね、もう少し登山客が存在する山ならばね~~早朝いかにも熊笹生い茂る熊でも出そうな樹林帯なんて気持ち悪いです~~どうぞ一人で行ってらっしゃい、バイバイってなってしまいます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯船山:

« にっこり | トップページ | 水浸し »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪