« 一徹 | トップページ | 二七日 »

気骨

最愛の父が、あっけなく亡くなった
亡くなる前日、先週の日曜日
僅かなひと時、父を見舞った 今思えば父が引き寄せたかのような家族一緒に最後の面会となった
この日は何故か帰りにくかった
じゃ、帰るね、また来るから。。っていつもの通りに言うと、もう来なくていいっ 来たってしょうがない
いつもだったら有難う!って言ってくれるのに歯切れが悪くて何度か帰りかけてはベッドに戻った
帰りづらいな~でも遅くなるし帰らなきゃ~よし、帰ろう 振り切るように病室を出る とってもとっても後ろ髪ひかれる嫌な気分 
病室を出る私の姿を首をもたげて追うように見ていた 
これが最後の別れだった
翌朝、ひとり静かに逝ってしまった 

悲しむ暇もなく父を向い入れる準備


ご近所から弔問客が次々と
この人は凄かったなぁ~って第一声は、そんな感じ トコトン遣り合ったという話 何でも壊し屋 うるさ型 
しかし間違った事は言ってない 筋の通った正義感の塊のような人 個性派 こういう人も居なきゃダメなんだよ~と異口同音 ここ数年は体調も悪くて町内会は退いていたけれど、この地で52年 地域のために情熱を傾けてきた記憶に残る人物だったんだなぁ~って、つくづく思う

祭壇は青と白を基調として涼しげな生花で演出してもらった
通夜の始まる直前、ご住職を迎える一瞬の間 張り詰めた空気
そんな時に遺影に向かって母の一言  「お父さん、いい男だねぇ~~」 
親族一同爆笑

もう、一生懸命尽くしてきたから私も千春も涙も出ないよね~

今日は初七日
祭壇に向って唱えます
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・・ってか?
あはは~~てか?って何よ、それ~~~(笑)
お父さん、怒っているよ
あ~~千春、お父さんのステテコ 
形見分け これ穿いて寝なさい 涼しいから~~って こんな母

あの世から気骨な父が、ばか者めがっ!って怒っていそう

携帯で撮った病床の父の写真を見ては泣きあっちゃうし、健康手帳に記されてる父の筆跡に涙が溢れたり
当分、泣き笑いの親子劇場は続きそう

 

« 一徹 | トップページ | 二七日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初七日、時の流れは早いものですね。
私の父の事と重ねてしまい、胸がじーんとしてしまいました。
筋の通った正義感のあるお父様、そんな気骨のある方は、もういませんよね。

千春ちゃんも、今まで以上にお母様のことを気付かれることと思います。
体調を崩されないように、無理しないでね。

いつも拝見しては、千春さんに元気をもらっていました。
お父様のご冥福をお祈りしています。合掌

切ない時って、意外な事で笑ったりするのよね。
それは、後から考えたら生きているんだもの、そう言う事って有るよなーと。
お葬式の間中泣いていたら、お父さんから怒られそうだね。

何か有ったら、こんな時は、お父さんならどう考えるかなと思って、何時も元気な千春ちゃんなら褒められるよ。
でも、泣きたい時は一杯泣いて下さい。
そうしていると、悲しみが流れて、楽しかった思い出だけが残るからね。

<あずささん>

お父様の事を思い出しちゃいますね?
みんな、多かれ少なかれ、こういう思いをしてるんですよね。
亡くなる前日まで煩い事を言ってましたが、もう、聞くこともないと思うと寂しいですね。
母も私にいちいち報告してきます。今まで以上に頼られてるなって感じます。このところ物忘れ、大事な書類等の置き忘れ、探し物ばかりしています。一緒に生活していませんので気になります\(;゚∇゚)/


<ももちゃん>

あ、どうもはじめまして。。
お名前は存じてます、なんだか嬉しい。

お気持ちをありがとうございます♪


<山百合子さん>

葬儀では涙は出ませんでしたが、父の遺品など手にしていると涙腺が緩みます。

亡くなる数時間前まで私達を叱咤していたんですからね~~その時はいい加減に観念してよ、と思ったけれど考えれば、家族に対する思いを最後の最後まで持ち続けた立派な父だったんだと思います。

お母と二人で褒め称えてます~~っ!
しみじみ回想しちゃうんですね、あんなに苦労させられた頑固親父の価値が亡くなったと同時に出ちゃうんですね~~なんて単細胞なお人よし母娘なんでしょうか

千春ちゃ~ん、慌しい一週間だったことでしょう~
亡くなられて葬儀が終わるまでは、悲しむ間もなく時間が過ぎ去って・・・
これからですよね~ 色んな思い出が思い出されるのは~
頑固一徹だったお父様の歩んで来られた道を振り返りながら、お母様と悲しみを分かち合って下さいね。

お母様の淋しさもきっとこれからだと思いますので、側で見守って差し上げてね!
そうして千春ちゃんも少し休養してね。。

お父様が亡くなった報告を「父の部屋より」って・・・泣けました~

なんて言っていいか分からない。でも、無理に元気なふりはNGだよ。

千春ちゃん

<お父さん、いい男だね・・>と、<ステテコ話・・・>こちらも、泣き笑いしそうになりながら読みました。

同じ土地に52年間、いろんな人の記憶に残って土に還っていくんだなあ・・・と、じーんときましあ。

toshibohさん・・渋い一言。

ほんと、無理に元気なふりはNG。

しばらくは、慌しかったり、気持ちが高ぶったりだろうけれど・・体に気をつけてね。

無事に終わりましたね。
「無事」という言葉があっているかはわかりませんが、一日たち又一日たって、もう一週間 早いような長かったような。
私の時、弟が施主です。私は姉ですからとにかく飛び回っていた事を覚えています。
告別式に涙が出なかった(ちょっとは出たよ)泣いている間がなかったのね。非情な娘と思われたと思うけど、やっぱり長女なんだね。。。。ふと、そんな事を思いました。しばらくして一人で号泣したよ(すみません)
千春ちゃんも長女、この一週間大変だったでしょう。。。わかります。
なんかあったらいっぱいおしゃべりしてください。皆が聞いてくれるよ。ここで愚痴ってね。

<シジュウカラさん>

いつも見守ってくださってありがとうございます。
父もとうとう亡くなってしまったけれど、ここ数ヶ月は母の心痛たるや、どうなることか?母の方が先に・・・と心配もあったので順番どおり母と娘で見送れて良かったと安堵しているところです。

今は悲しむというより、そういう安堵の気持ちが大きいかな?
これから、寂しさも募るのでしょうかね~~。


<toshiちゃん>

短いコメントに想いがたくさん伝わってくる。。ありがとう~。

元気だから大丈夫よ~実感が余りありません。本当に一時は母の方が先になりそうで心底心配だったので順番どおりに事が運んだと言うか安堵の気持ちの方が大きくて、これから寂しくなるのでしょうね?
その時は両手広げて待っててよ~~って、これ問題発言・・・か(笑)


<ぴとこちゃん>

母は愉快な人です。
私も相当なネアカ人間ですが敵いません。

父も、この地でいろんな人たちと関わり合いながら暮らしてきたんだな~~って感慨深いです。

toshiさん、いつも渋、しぶ?

そうですね~~気持ちが高ぶるというのでしょうね、思い出話とか?病床中のエピソードとか?グッときてじんわりしちゃいますね。

今日も倒れそうなくらい暑かったぁ~~毎日気合を入れるというのはこういうことだなって思いながら働きに出てます。


<睦月さん>

ひとまず終わったという感じでしょうか?
親戚も実家に泊り込んだり右往左往してましたし、分からない事だらけでしたが喪主の母も張り切ってくれましたので助かりました。


これから“ふたなのか”“みなのか”・・・・三十五日、四十九日、百か日  法要スケジュール満載ですね。
母と思い出話をしながら色々と進めていかねばなりませんね~~。

もう眠くて仕方ありません。
毎日10時には寝ちゃいます~~おやすみなさい♪


千春さん
お父さまのご冥福を祈ります。
その様子ではまわりに人によい印象を残して逝ったようですね。
まだいろいろな式があると思いますが、少しづつ心を和らげる為とか。家族や近所の人たちに残した印象は、千春さんの支えになることでしょう。
最期まで心がしっかりしていたのも、慰めでしょうか。
これからはお母さまの心の支えにならなくてはなりませんね。

<たくせんさん>

ご厚情ありがとうございます。

父は亡くなる直前まで意識がしっかりしていものと思われます。
たぶん静かに眠るように逝ったのでしょうね~安らかな顔でした。
臨終には立ち会えませんでしたが、父の顔をみて安心できました。とても安らかな笑顔でしたからね。

これから少し、仏の道の勉強~何も分からない事ですから父を弔いながら学んでいこうと思います。

今日も実家へ行きました。
今まで以上に母の事も気になります。
力になってあげなくてはなりませんね♪

大変だったでしょう、お疲れ様・・。
落ち着くまでは寂しさや悲しさはあまり実感できないけど、泣き笑いの日々は私も経験済みです
きっとお母さんもこれからしばらく寂しさを味わうと思うけど、きっと気丈に生きていかれるでしょうね、千春さんのお母さんだから・・・そうあってほしいと思います^^

<PIEちゃん>

ん~~ひとまず、ホッとしましたが、今後の事が諸々とありますので落ち着きませんね~~何しろ年中、実家へは行くようになると思います。やはり一家の大黒柱が居なくなるって心細いですね。母への労わりの気持ちが強くなりますね。

母も気丈にしてますけれどね、まだまだ元気ですが気をつけて見守ってあげなくてはなりませんね~これからはね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気骨:

« 一徹 | トップページ | 二七日 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪