« 気骨 | トップページ | 普通に »

二七日

実家の宗派は浄土真宗である
本山は京都の東本願寺
宗祖が親鸞聖人
そのくらいの事しか分かっていなかった
全く仏法には無縁の生活だった
お寺さんに対する心得など分からない事だらけで宗派の違いの作法も葬儀社の人も詳しい事まで分かっているのかと思えばそうでもない 
母も歳だけとっているけれど実際、こう言う事ってちんぷんかんぷん 恥を忍んでお寺さんにも何度も電話したりて終わってみれば流儀と違う無駄な事をやっていたり たとえば初七日法要の際に影善を用意してくださいと葬儀社から念をおされていたけれど、この宗派では無意味な事だったり、斎壇の奉り方とか納棺に際して色々と紐解いてみると一般的な作法だと思っていることも真宗大谷派では意味のない事をやってしまったようだ
真宗大谷派は至ってシンプルな教えなのだという事は理解できた
大まかに言えば仏 ほっとけ~~とも言えるような気もする

一般的に法事は亡くなった者への追善供養であり冥福を祈る場とされているが 真宗大谷派はそうではないらしい

斎場での待ち時間にご住職に質問してみた
この宗派は亡くなると直ぐに浄土に還るという
もう、この世には漂っていない
と言う事は死ぬと即、仏になるということ・・・

還るとは、元、居た場所に戻るという意味でしょう 死んで冥土に旅立つという教えではないようである
なので追善供養というものは無意味なもので仏になった故人から、教えを請うのが法事であって供養というより 仏になった父に手を合わせ、残された私達がこれからの生き様を誓う 意識を高める場であって、そうすることによっって亡き父は御仏になれる その事が重要なのだと説いている

49日までの中陰といわれるこの期間は、わが身、わが命を振り返る大切な時だという
父は、もう仏になったのですね
斎壇に手を合わせれば「しっかり生きていけ!」って言われているような気がしますもんね

きょうは二七日 ふたなのか です


« 気骨 | トップページ | 普通に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

千春ちゃん!大分お勉強をされましたね。えらい! やはり千春ちゃんです。
私も同じく”聞くは一時の恥”を常でした。
宗派によって違いがあるんですね~。もう仏様になられたとは。。。
実家は天台宗です。今の時期は、そこここに父がいた事になり仏様にはなれていませんでした。
仏多当袋の書き方も「霊前」が主立っていて「仏前」を出そうものならマナーに欠く事になります。

もう ふたなのか なのね
。。。合掌。。。

<睦月さん>

何も分からないんですものねぇ~~少し、この宗派の事を理解しなければ一体、父はどうなっていくのか知らなくてはならないことだと思ってしまいます。が、もう仏になっているんですね~~なんだか、そう思うと安心しますね。

宗派によってさまざまな教えがあり作法も違いますね~~びっくりです。

この浄土真宗はご霊前は×なんですよ。
表書きは「御香資」とするんですって。
これにもに意味があるんですが、なるほど~~って思いますよね。

睦月さん、いつも温かく見守ってくださりありがとうございます。
これから実家へ、お参りをしてきます。
なんだか皆さんの所にお邪魔できないで居ます。ご無礼を許してくださいね♪

こんなに宗派によって違うとはビックリです!
準備もしないまま直面するのがお葬式やそれにまつわる諸事だから戸惑うわよね~!
私のときは子供達が悩まなくてすむように、今から準備しておこうかな?

当分まだまだいろんな事で大変な思いをするでしょうけど、体調に気をつけてね・・。

<PIEちゃん>

いつも有難う♪

葬儀、あれやこれや・・・。
何回もやるものではない貴重な体験でした。とっても勉強になりました。

今は父と母に感謝の気持ちでいっぱいです。
亡くなると良い事ばかりが思い出されて。。本当に仏になっちゃうんですよね~~ありがとう!って、もう逢えないけれど言いたくてしょうがないですぅ。。

私の所も千春ちゃんの所と同じで、浄土真宗ですが、その後の供養は、私なりにアレンジしています。
例えば、仏壇にお茶などは要らないと云う事ですが、好きだったのだからと、お茶は毎朝あげています。

お盆の迎え火とか野菜の馬や牛と言うのは、農耕信仰からの転化だから要らないと言われ、仏様は、何も案内が無くてもちゃんと帰る事が出来ると云う事でした。
中々現実的な考え方ですよね。

夫々が満足できる方法で、故人を忍んだら良いと思っているので、今はあまり決まりごとに囚われないでいます。
法事をする度に思うのは、残された縁者に会わせて呉れる良い行事だと思うようになりました。

数年は、法事が辛いものでも有りましたが、最近は、皆楽しみにしています。

お父さん、千春ちゃんの事を良くやって呉れると見つめているよ。

<山百合子さん>

あ~らっ!宗派が同じだなんて心強いです。
浄土真宗って少数派らしいですけれどね?

一向宗とも言うそうで、いっこうに構わないというのか?考え方が現代的というか合理的というかサッパリしているんですよね~~私は気に入りました(笑)

先ほども墓の件で自宅近くの浄土真宗のお寺さんを訪ねて色々と伺ってきました。
徒歩5分ほどのところ、直ぐ近くなんですが、こちらでお世話になれそうです。

檀家になってもフリーでもって言われる。
気さくな住職さん、かたちに囚われない、もっと気楽に考えて良さそうですね。

母の一周忌と初盆とを終えて帰ってきました。

なんと、我が家も浄土真宗です。

法事は、ふだん、仏様の世界などを、なかなか省みることのない私たちが、心を高めるひと時だというお話を、お聞きしてきました。

まさしく、其の通りだなあ・・と思いながら、手を合わせたのであります。


そして、たくさん集った親戚たちと、母の若い頃のアルバムなどを見ながら、大笑いしたりして、賑わいました・・愉快なことが好きだった母らしい一周忌だった気がします。

七日ごとの法要で、残った人の心が、だんだんと落ち着いてくるのかもしれませんね。

<ぴとこちゃん>

あらまっ!
同じ宗派なの、やはり?
縁があるんですねぇ、嬉しい♪

そうだね、新盆ですね~そして一周忌も済ませたんですね。ご苦労様でした。。
賑やかにご親戚も集まって、お母様も喜んでることでしょうね。

法事の後には必ず法話があるでしょう~ワンポイント説法というか、身構えずに有難いお話を頂戴するってチョッとイイ感じですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二七日:

« 気骨 | トップページ | 普通に »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪