« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

深呼吸

突然の事態に色々な事が凝縮し過ぎて3月末から長かったような、でも一日は瞬く間に過ぎていたような何だか訳も分からず無我夢中の4月が終わる

写真展の案内状が届いた
友人からのものだった
ポストカードの写真が素敵だ 森の緑、いろんな緑色に吸い込まれるように暫く写真を見入って心が深呼吸

あ~~気が付けば桜の時期も通り過ぎてしまい新緑の季節!
其処此処の緑が芽吹いてきたじゃない
急に緑の写真が撮りたくなる

父の事でいっぱいだったけれど、気持ち一息 つ・き・た・い? の?・・・かな?

息を吐いてばかりいた気がする

ここにきて思いっきり深呼吸したくなった
この先の事を考えると、そう、思い切り、吸ってぇ~~吸い込んで~~~今、ここで羽を伸ばしておきたい

大変な時にってお誘いも敬遠されてしまいがちだけれど、そっとされているのが返って悲しい、それってとても寂しい それでも一応ね!とか、直前キャンセルOKよ!とか言葉をかけて誘ってくれる友人 気持ちが有難いこと

5月はチラホラ遊ぶぜ!!
こう考えるって、やはり、どこか空気抜けてるのかな~~私って。。

0133

ランチタイム

一緒に居ても全く違和感を感じずにマッタリできるコマちゃん

今日は久しぶりにお昼をゆっくりと語らいながら食べよう~~っと誘ってくれた 

お迎えは黒塗りのカワイイ高級車で玄関横付け、雨も降っているし半歩出れば車のドア チョッと疲れ気味な今の私には、なんて有難い事でしょう

コマちゃん、おススメのバイキング形式のお店へ案内してくれる 

いつもはハマスタで応援しながら同じ方向を向いて、お互いに勝手に食べているのに向かい合っての食事なんてチョッと照れ臭い気がしないでもない(笑)

食べ始めればいつもの調子で、ざっくばらんに話が弾む 顔を見合わせて近況報告 元気で充実した毎日を働いている様子良かったって安堵する

サッパリとした親近感が、たまらなくいいなぁ~~

お昼のランチタイム たまにはいいね、こんな時間♪

急ぎ足

仕事を終えて休む間もなく実家へと急ぎ足
もうじき横浜駅って時に携帯が鳴る (またかぃ!!!)

親が子供のようになっていく
千春、今、どこら辺なの?
もうすぐ横浜、あと40分くらいで行けると思うから待っててって言ってよ
お母さんは、所詮、他人だからね~血の繋がった娘が、どれほど良いものなんだろうね~って、しみじみと母が呟く

今日もリクエストに応えて刺身を持参
コレをつまみに日本酒を飲むと言う 旨いなっって喜んでくれた

帰りは1分でも早く自宅に帰ってホッとしたい

チョッと風邪気味。。焦りは禁物 各駅停車でのんびり座っていこう

4

出張介護

父が無事に退院し2日経つ
やはり我が家はいいなぁ~~って、しみじみしている様子
介護認定されるまでの期間になると思うけれど頑張って3日ごとにストーマ装具脱着のお世話に通います
そんな訳で仕事を終えてから実家へ
前日に6時ごろになると思うからと連絡を入れておいた
にも関わらず、6時チョイ過ぎに携帯に電話が入る
そんな~~6時と言ったって・・・勘弁してよね~~今、そちらに向っているから急いでいるから猛ダッシュだから。。
あ~~~ぁ、待っててよ~~~いま行くよ!

お待ちかね!早速、父は浴室用の椅子に腰掛けてシャワーを浴びながらストーマ装具の取り外し
爺じいは体が硬くて下っ腹が見えない様子
慣れないし一緒に風呂場で見守る
ハイ、お手てに石けんを泡立ててストーマ周辺を丁寧に洗ってください
ん~~どれどれ、清潔によ~く洗いましょう
背中もゴシゴシ洗ってあげます
は~い、こんなもんですね
出たらパンツも、パジャマも着せてあげます
何しろ体が硬くてにっちもさっちも行きません(笑)
風呂上りは母親と二人係で、まるで赤ちゃんを扱うように丁重に扱います(笑)
ベットに寝てもらって装具を取り付けます
看護師さんから習ったように剥がれない様に丁寧に慎重に貼り付けます
父上、これで完璧だと思います
ウチのボスですからねぇ~~偉いんです
今度は金曜日に来るからねぇ~~

やれやれ・・・お役目も終えて、そそくさと帰ります


スプーンで食べる
プレミアムチーズロールケーキ♪

あ~~美味しい!コレ食べたら元気印、復活した 
単細胞で幸せぇ~~♪

しみじみと・・・やはり我が家が落ち着くなぁ。。

D_0031


新たに

開店間もなく次々に慌しい
今日も個人商店の店主が野菜を仕入れに来てくれる

夫々がお店に置きたい野菜や果物を物色して買ってくれる

生しいたけの袋詰め作業をしていた
A店主  このしいたけ何グラム詰めてますの?
      ウチは200グラムですよ
A店主  ウチでは何でも100円で売っちゃっている店だから100円だったら何個くらい?
      2Lサイズだから4ヶくらいでどうでしょ?こんな感じで・・・
A店主      あ~~いいですね!じゃ、4個入り2袋下さい
こんな感じで、チマチマと面倒だけれど、お店屋さんごっこのようで楽しい(笑)

その店の売りスタイルに合わせてリンゴ3ヶずつ、グレープフルーツ3ヶそれぞれ袋詰めてあげたり要望に応えて細かな作業が増えるけれど私の詰めた品物が他のお店のお客様の手に渡ると思うと何だか楽しい(笑)

朝一でラーメン店へ配達、個人商店との掛け合い、老人ホームへ配達、会社食堂へ配達
結構な注文をいただく グラム単位で品物を揃えたり配達の準備に少し手間取る

これ、配達だけでも結構な額になるぜ
なんだか面白い店になってきちゃったね
いいじゃない、何でもやろう

バタバタと今までとは違う動き方、慣れない忙しさでした

あ~~業者さん増えないかな。。なんてこの間まで言っていたのに分からないもんだ、人には親切にするもんだね~~ヒロちゃん店長!

問題は、この先もこの個人店主さん達がわざわざ仕入れに来店し続けてくれるかどうか・・・
社長と女将から千春さんの愛想の良さで宜しく、宜しく頼むだなんて言われた 
公私共に慌しい。。  
近頃の私、気が張り詰めているのか?疲れているのかどうかも分からない  

とにかく頑張るのみ♪


満81歳

4月17日、今日はパパの誕生日でした
聖マリアンナ東横病院、なかなか考えられた設計
エレベーターが開くと開放的なナースステーションが目の前
誰が面会に来たのか一目瞭然に分かる
私の姿を確認したのか、一人の看護師さんが病室に着くや否や訪れた

お父さん、ここ二日ぐらい元気が無いんですよ~~御飯も食べないし。。
血糖値も安定しているし熱もないし特別問題ないんですけれどねぇ、色々考えちゃってるみたいなんですよ。
家族には辛さは見せないけれど看護師さんに涙潤ませながら切なそうに胸のうちを訴える父であるらしい
看護師さんも親身になって話を聞いてくれているようで
孫の歳くらいの看護師さんが 父を懸命になだめてくれる 

男性の病室というのは、とっても冷たい空気、同病相哀れむというのは無い
仕切られたカーテンの中で一日何を考えているのか
父だけは解放的にカーテン全開!
結構、社交的な父だから、こんな時は同部屋のよしみで世間話をするだけでも気が紛れるであろうに・・・
 
他の3人はベッドの周りをカーテンでグルリと締め切って顔も見合わせない

そして今日は誕生日だし、お寿司を買って病室で一緒に夕食タイムを過ごした
マグロと鯛を食べて旨い!と言ってくれた
あ、それから鯛焼きも買った 今日は紫芋餡だよ~~食べるぅ?
シッポの所をくれ チョッとでいいぞ、って満足気に食べてくれた

周りに気がひけるけれど行くと3時間は居座る
だいたい7時頃まで居ると、もう帰れってパパが言う(笑)

焦り

先ほど母に電話をした
日曜日が退院となったという
明日はストーマの交換日、なんといっても私が居れば父母は安心している、ので、また仕事を早めにあがらせてもらって看護師さんとの約束の時間に間に合うように猛ダッシュで病院へ行かねばならない

あさっては仕事を休んで退院の付き添いをしなければならない

ちっとも協力的ではない妹に、ガッツリ説教もせねばならない

色々と申請書に目を通して記入せねばならない

月曜日は自宅近くの総合病院へ父を連れていかねばならない

やはり仕事を早めに切り上げて実家へ猛ダッシュせねばならない

母は、もう~いっぱい、いっぱいな感じ
今、母に倒れられたらどうしよう~~父の事よりも心配

できるものなら実家へ泊り込んで父も母も大きく包み込んであげたい

あ~~~仕事が休めれば、、、はがゆい


お得意様

市場でモタモタ仕入れしているオバちゃんが居てよ、チョッと優しくしてあげたらやたら懐いてきちゃうんだよ~~ってヒロちゃん店長
そのオバちゃん、店の社長が亡くなって慣れない仕入れを任されていたらしい
そのうち市場で買える権利がなくなってしまい八百屋を閉店する事に
それに伴って、その店が卸していた業者への配達をウチで引き継ぐ事となった

大手会社の食堂とか老人ホームやラーメン店等に配達の仕事が増える

先日、色々と契約を交わしてきたり4月になって新たな動きだ

チョッと遠い店は気持ちサービスさせてもらうから、こちらに直接買いに来てくれと頼む
今朝は、その流れのお客さんが早速、仕入れに来た

一般客とは違う買いっぷりは有難い

そうかと思えば体調を崩してドクターストップをかけられ泣く泣く店を閉じなければならなくなったマスター
ご贔屓にしてくれて気心も知れてきたのに残念な話も・・・

業者さんが、ここに来て増えてくれたら嬉しいけれど楽観してられるわけでもなく、この先どんなもんだろうって店長と話した

もっと注文たくさんくれればいいけどな。。ってそんな贅沢も言っていられないでしょ

こんな時代だから何とか回っていければ善しと思わなければ。。

面談

本日は定休日
久しぶりに、のんびりした朝を迎えた
お昼から父の病院へ

今日は退院するにあたり色々と面談とか打ち合わせとかスケジュールがたくさん

まずは担当医から退院後の治療方針を聞くが、
とても厳しい状態である 余後というのは無いです と、言われる
お父さんがガンの末期、それも余命半年だなんて・・・母はまだ現状を受け入れ難いという感じ
この間から同じ事を何度と無く繰り返し気持ちが浮ついている

看護師から人工肛門の袋の取り外し方を教わる
父とは一緒の暮らしではないけれど緊急時や介護するにあたり知らないより知っている方が良い
3日に一度の交換、今度は土曜日 特別、難しいものではないけれど習うより慣れろって感じ
お風呂場で交換したのでついでに最後は体を洗ってあげる

この交換がスムーズに出来たら退院ですよ
長老!今日のところは85点です
合格点は100点ですからね!って父は孫の様な看護師さんから激を飛ばされる

そして私と母は担当してくださるソーシャルワーカーさんと一緒に医師、看護師、ケアマネージャー、ケアワーカー総勢6名が待っている部屋に案内される

この後の申請でどういう認定をされるのか?
人工肛門を付けるということは身障者3級?になるという事らしい
それによって自宅へ訪問介護師や看護師の要請など、これから検討される

介護用品、用具など住居を見て必要に応じて提案してもらえる
さっそく自宅へ調査にきてくれることとなった

介護も支援と看護とあって父の場合は今まで支援1であった
役所の細々した事は76歳の母には重荷である
これから率先して区役所に足を運んだり介護のシステムを学んだり色々と動かねばならない

打ち合わせが終了して部屋へ戻るが
父の姿が無し

毎週水曜日に開かれる「玄関コンサート」
声楽家の方がピアノ伴奏で歌っていた

1階正面玄関 外来待合の隅っこの最前列にチョコンと座って聴き入る父を見つける
父の後姿に切なさが込みあげて涙目

さくら さくら 
早春賦 
エーデルワイスなどなど春に相応しい歌10曲ほど披露

最後は「花」を観ている患者さんで歌った
ながめを何に たとふべき~~♪
私も一緒に口ずさんで拍手を送った


横浜ガンバレ!

なぁ~~んだぁ~~~

延長11回 谷繁に打たれてしまったのねぇ~~

長い試合だったねぇ~~~

接戦を制すことができなかったのね~~~

こういう試合に勝てるとチームも勢いが付くと思うんだけれどねぇ~~~

明日、頑張ってもらいましょ!


スカッと単純同士で同じチームの応援できればこんな楽しいことはないのにねぇ~ヒロちゃん店長!?
でも職場では気の合う店長だけれど読売ファンで私はベイスターズファン
応援チームが違うからお互いにぎこちなく気を遣ってしまうし何ていうかレベルが違いすぎて、野球に関しては本音で話ができないギクシャクしてしまう
ベイスターズファンの寿司屋の店主と負けても勝ってもヘラヘラしている横浜ファン同志を見ているが羨ましそうな店長である  この能天気なおばさん、どうにかして味方につけないかな?って思っているらしい
ねぇ、千春さん、坂本いいでしょ?
うん!いいねぇ~♪
どう?原監督っていい男だと思うんだったら巨人ファンになっちゃいなよ~~って、、迫ってきますが(笑)
いくら強くても巨人ファンにはなれないのよ。。

いいんだ、いいんだ、ハマの男がイイのだぁ~♪

0271


行動力

このところ野菜の高値が続いています
なんとキャベツが300円ですから~~どうしましょ!
買う側も困るけれど売り手も大変
少しでも安いキャベツを提供しようとヒロちゃん店長ったら隣町の農家の大型直売所まで買いに行っちゃいました
畑のキャベツ丸ごと買占め~~と言わんばかりの勢いでトラック走らせて行きました
葉付き大根や菜花を買ってきましたがお目当てのキャベツは売り切れということでした

あのさぁ、店名が入ったトラック運転して良く行くよね。。
う、うん、ホロで名前隠しておいたからって・・・見栄も外聞もありゃしませんよ

朝売り頼んだよ~~って今日はさすがにマイカーで行きました
何が何でもキャベツを求めに行くんですね~~結構、しぶといヤツです

そんなこんなで景気悪いけれど、それなりにアクセク働いている 


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.:;;;:+*+:;;;

看護師さんとの約束の時間が迫っていた
仕事を終えてから気持ちは猛ダッシュ!!!
汗を掻きながら病院へ直行

父を見舞って帰りの電車
やれやれ~~って座って目はうつろ・・・
途中駅から前に立った女性のバックに「お腹に赤ちゃんが居ます」という札が・・
へぇ~~可愛い・・お腹に赤ちゃんが・・・赤ちゃん?
えっ!コレって妊娠しているって事か 
ゴメンネ、気づくの遅くなっちゃって、、、慌てて席を譲った

あ~~~眠いぃ。。。

♪ホントの気持ちは胸にしまう
きらめく明日に出会うために・・・・♪

いきものがかりの曲を聴いてからマッタリと眠ろう

 

大事な時

仕事を終えて夕方から父の所へ
頑固爺じぃ頑張る 負けん気も人一倍強い努力の人だ
一昨日より体の動きがスムーズになった
傷口の状態も良いようで少し安心する
ベットで食事するより談話室のテーブルに着いて食べた方が落ち着いていいという父
同日に手術をした患者さんと一緒にコミュニケーションとりながら夕食タイム
この談話室、雰囲気がとってもよい
窓からの景色もいい感じ
病院内の施設には見えない チョッと洒落た自然食レストランといった雰囲気
但し、お客様は揃いのパジャマ着て食事している(笑)

ここ何日か父に張り付いて過ごす機会がおのずと多くなり、今更ながら、ほんとに今更ながら父の人間性を垣間見たりする
この父の娘で良かったんだと思える

チョッと疲れ気味な私だけれど、帰りは背筋が伸びるような誇らしい気持ちで家路に着いた
大切にしたい父との時間
無理して来るな・・・なんて言わないでね


旨い

ウマいなぁ~~ぁ・・・って、実に嬉しそうな父でした
入院してから点滴のみで今日まできました
本日のお夕飯が26日ぶりの食事です
D_0044

この病院は食事が美味しくて評判です
お粥も味がいいな~
とうふの炒り煮がウマい
鶏ムネ肉の味噌焼きもいい味だ
白菜の塩漬けも美味しいぞ、お前も食ってみろ   
そう!?ではひと口
ん~~薄味なのに、どれもしっかり味がしみている
これは美味しい、良かったねぇ~~お父さん、嬉しいねぇ~~よかった、よかった!

父は口から御飯が食べたくて食べたく心待ちしていました
この瞬間を目出度く迎えたのであります、私もお食い初めの儀式に立ち会いたくて(笑)
7時間も病院に居ました


病院近くの鯛焼き屋さん
ここの鯛焼き、餡子た~~っぷりで美味!甘党の私にはたまらない
ちぃ散歩のTVにもでたようですね
期間限定品「桜うぐいす」なのに
毎度「梅にうぐいす下さい」って言ってしまう(汗)
D_0099

病院帰りは自分へのご褒美にと、チョッとハマってます
ガード下の鯛焼き屋さん、いいなぁ~~♪~~♪

D_0122

元気印

あ~~夢であってくれれば良いのに・・・朝、目覚めと同時に、胸に錘が圧し掛かかる
父を思うと心が痛みます

トボトボ・・・・・
おはようございます、昨日はスミマセンでした。。

おぃ~~っす!おはよーー!

お父さんどうだったぁ~死んだぁ?
いきなり、なんなんだぁ~(笑)

こんな冗談を言ってくれちゃう店長です
スカッと単純さが実にいいですね

顔を見合わせて優しい言葉や慰めを言ってもらうと半泣きしそうですからね
ツボの押さえ方が上手い若旦那です

おかげでいつもの調子で元気!元気!な私で一日働けます
仕事をしていて良かったと、つくづく思える今日でした

明日は定休日です
毎日、母との連絡を取り合います
手術の翌日から歩行訓練です お父さん頑張るよ、根性あるよって報告です
嬉しいなぁ、明日は介護
病院へいきま~~す♪

こぬか雨

朝から、しとしと雨が降る
父って事あるごとに雨が多い 雨男ならぬ雨爺ぃ
今日は手術日 
ストレッチャーに乗った父を見送るのかと思いきや徒歩で手術室へ向う

2階にある手術専用エレベーター前まで見送り
エレベーターを待っている間が長い。。
看護師さんから緊張しますか?痛かったら遠慮なく言ってくださいねって言葉をかけてくれる
口の重い父に代わって、ついつい喋ってしまう
そりゃ緊張するよね、切腹するんだからね、この歳になって始めての経験だものぉ~~ね?お父さん?
んーー男の子だから痛いなんて言えないもんね。と、強がりを言って格好つける父
なーにが男の子よ、カッコ付けないの!爺さんなんだからね!
痛かったら痛いと言うんだよ

扉が開く
お父さん、健闘を祈ります
頑張れぇ~~頑張れぇ~~って思いっきり明るく手を振り見送る

後から母も来て二人で談話室で待つこと3時間
手術着を着たままの先生から現実的な言葉を受け止めなければならなかった

覚悟はしていたけれど・・・・覚悟はしていた・・・けれど

一歩、二歩、歩いて角まで曲がって母と手を取り合って泣いてしまった

ここで泣いていっちゃおう~~って母が言う
泣き顔なんて見せたら父にぶっ飛ばされちゃうよ
直ぐに気を取り直して頑張る、頑張るよ!!

試練

仕事を終えてから病院へ
病室に入ると母に背を向けて寝ている父
私が行っても顔を向けてくれない
寝てるの?って声かける
なんだ!休んでばかりいてクビになるぞっ!って相変わらず心配しているのか怒られているのかってお言葉が返ってきます

先生から手術の詳細を聞く
S字結腸ガン、人工肛門になる
肺にも肝にも転移がみられる
高齢で尚且つ 糖尿病の状態も良くない
高いリスクを背負う 術後の合併症が非常に心配

一緒に話を聞いた父は病室に戻って、あといくらも生きられないだろうな・・・って呟く
こんな時って言葉が出ない

人生は非情だ
あと幾ばくか分からない老人に最後の最後に試練を与える

お父さんは強い人だから・・・・ね、お父さん頑張って!

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

遊びにいくところ

  • シジュウカラさん
    カケスさんとの仲良し登山やお孫さんとの日々は心温まるものがありホッと一息ついちゃいます♪
  • 山百合子さん
    洋裁、料理、なんでもこなししまう淑女です! 毎日ニャンコちゃん達に癒されながら悠々と温かな眼差しは素敵♪
  • たくせんさん
    囲碁の趣味をお持ちで中国旅行も度々なさっています! 時折、詠まれる句に真摯な心を感じます♪
  • かつとんさん
    写真の腕前は一流です! 奥様との登山も微笑ましい限り優しい御主人です♪
  • ベニマシコさん
    素敵な詩人といった趣のあるブログです! 静かな時間が流れているような、心が落ち着きます♪
  • 山帽子さん
    九州の山々に花を添えて心温かなレポートに魅了されます! ソフトバンクフォークスのファンでもあります♪
  • あずささん
    御主人のQさんと仲良く登山なさっています! 写真撮りながら温泉めぐりも羨ましい限りです♪
  • ぴとこちゃん
    文章力が素晴らしく怒涛の日記を書き綴ってます! 写真の世界に魅了され日々エネルギッシュに挑戦中です♪